タグ別アーカイブ: レンジ

金目鯛姿煮

PP-00130

千葉県産金目鯛(キンメ)を姿煮にしました。

キンメ(水揚げ時300~400g)は2~3人前の大きさです。

ご家族、ホームパーティー、女子会などで皿に盛りつけ、みんなで突いてください。

お酒のつまみ、ご飯のおかずどちらにも合う商品です。

キンメの煮物は美味しいが、ご自宅で頂こうと思っても調理時間がかかり面倒だったりします。

この商品は、真空パックのまま湯銭もしくは封を開け皿に移し電子レンジで温めるだけ!!誰でも簡単に調理でき、美味しくいただけます。

食卓を豪華に彩る高級魚「金目鯛姿煮」をぜひご笑味ください。

最近キンメの値段が高騰しております。このお値段で買えるうちにどうぞ!!

 

 

 

商品名:金目鯛姿煮 内容量:1尾(水揚げ時300~400g)

原材料名:金目鯛(千葉県産)、しょうゆ、砂糖、果糖ぶどう糖

液糖、みじんしょうが、みりん、日本酒、食塩/増粘剤(加工デ

ンプン、キサンタン)、アルコール、(一部に小麦、大豆を含む)

加熱の有無:加熱してあります

加熱処理の必要性:加熱してお召し上がりください

保存方法:要冷凍(-18℃以下) 賞味期限:3か月

 

 

 

 

※送料(クール便)・手数料の詳

 

”チン”するながらみ(茹で調理済み)

PP-00101

「塩水で茹で直すのが面倒、もっと手軽に食べたい」というお客様の

声が多数寄せられましたので、電子レンジ対応の「チンする」シリーズとして

生まれ変わりました。

茹で(ボイル)調理済みの「ながらみ」ですので、電子レンジに入れて2~3分温めるだけで

お手軽にお酒のおつまみが完成です。

 

※送料(クール便)・手数料の詳細

 

内容量:120g 原材料:ながらみ(千葉県産)・塩 保存方法:-18度以下で保存

賞味期限:到着日から冷凍で3か月 解凍後はお早めにお召し上がりください

”チン”するはまぐりが東京中日新聞に掲載されました

2016/6/6

東京中日新聞

 

 

 

 

 

弊社の”チン”するはまぐりが6/5の東京中日新聞に掲載されました。

ものすごい反響で社員共々ビックリ!!

でもこれだけ反響があると、みんなやる気満々です。

これからも皆さんに喜んでいただける商品を開発していこうと思います。

”チン”するはまぐり(一袋250g・3~6粒入り)

PP-00020

レンジで“チン”するだけの簡単おかず。人気商品です。

地元千葉県産の天然地蛤を、新鮮な状態で味付け・調理し、

海の風味をそのまま真空パックに閉じ込めました。

レンジで“チン”するだけで、お酒のおつまみやご飯のおかずにも、

おいしくお召し上がりいただけます。

濃厚で旨みが凝縮された出汁は、

そのままの味をお楽しみいただくのはもちろん、

炊き込みご飯、お吸い物の出汁など、

お好みに合わせて使えば、

プロ顔負けの味わいが楽しめます。

お召し上がり方

 

 

5個セット

5個セット

7個セット

7個セット

 

 

 

 

 

 

 

単品”チン”するはまぐり

単品”チン”するはまぐり

 

 

 

 

 

 

ついに”チン”するはまぐりの単品登場!!

お客様より「お試しで一袋頼みたい」

「セット商品に”チン”するはまぐりをもうひとつ追加したい」

等の声にお応えしての単品売り開始。

濃厚な出汁と、柔らかくプリプリの身は家に居ながら料亭の味!

ぜひご笑味ください。

 

 

【そのほかの貝商品】

「ボイル(茹で)ながらみ」はこちらから

 

 

 

新聞

日本テレビ「news every」で紹介されました。

東京中日新聞・北海道新聞に掲載され、かなりの反響をいただきました。

 

 

※送料(クール便)・手数料の詳細

日本テレビ「news every」で放送!!

2014/1/20

DSC00357b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の商品”チン”するはまぐりが
日本テレビ「news every」で紹介されました。

蛤と豆腐の韓国風鍋

2013/12/16

体が温まるピリ辛味のお鍋です。
蛤と豆腐の韓国風鍋2

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
豆腐 1丁
豚バラ肉 100g
ねぎ 1/2本
しめじ 1/2房
A(以下材料)
蛤の出汁 100cc(レンジした際に出る出汁)
水 2カップ
酒 大匙1
にんにく 1/2片
コチュジャン 大匙1
味噌 大匙1
一味唐辛子 小匙1/2
塩、醤油、一味唐辛子 適量
すりごま、青ネギ 適量
————————–

作り方

1.豚肉、豆腐は食べやすい大きさに切り、ねぎは斜め切り、しめじは小房に分けておく。
2.蛤を電子レンジで加熱します(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)
3.鍋にAを入れて煮立て、1と2を入れて煮る(蛤は出汁ごと入れる)
4.味をみて、塩、醤油、一味唐辛子で味を調える。
5.すりごまをかけ、万能ねぎを散らす。

POINT

蛤を温めた際の出汁も活用します。
辛さを増やしたい時はコチュジャン、一味唐辛子で、辛さを和らげたい時は味噌で調節してください。
卵を入れると辛さがマイルドになります。
残ったスープはうどんや麺を入れたり、胡麻油で炒めたご飯に残ったスープを入れ炒め煮にしても美味しくいただけます。

 

はまぐりの柚子胡椒パスタ

2013/10/18

柚子胡椒で味付けするピリ辛な和風パスタです。

YuzukosyouPasta

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
蛤の出汁 100cc(レンジした際に出る分全て)
パスタ 200g
水菜 10g
にんにく 1片
オリーブオイル 適量
柚子胡椒 小さじ1
塩 適量

作り方

1.パスタを茹でる。
2.蛤を電子レンジで加熱する(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)
3.フライパンにオリーブオイル、みじん切りしたにんにくを炒め、
蛤を入れ炒める。
4.蛤の出汁と柚子胡椒を混ぜ、フライパンに入れる。
5.パスタが茹で上がったらフライパンにいれ絡め、塩で味を調える。
6.パスタを皿に盛り、5cmに切った水菜を盛り付ける

POINT

蛤を温めた際の出汁を全て活用します。
柚子胡椒はお好みで量を調整してください。
水菜はシャキシャキ食感を活かすため仕上げにいれます。

 

アクアパッツァ

2013/10/17

魚介類をトマトなどと一緒に白ワインと水で煮込むイタリア料理です。
切り身魚とボイル地蛤を使う事で簡単に作れるアクアパッツァです。
akuapazza2

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
蛤の出汁 (レンジした際に出る分全て)
切り身魚(今回は鱈を使用) 2切
プチトマト 8個
玉葱 1/2個
にんにく 1片
パセリ 適量
白ワイン 大匙2
オリーブオイル 大匙1
塩、胡椒 適量
————————–

作り方

1.切り身魚は塩を振っておく。ミニトマトは半分、玉葱はくし切り、にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、水分を拭き取った魚を皮目から焼き、裏返して両面焼く(中火)
3.蛤を電子レンジで加熱する(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)
4.魚に焼き目がついたら、にんにくを加え、香りが出たら、ミニトマト、玉葱、蛤、蛤の出汁、白ワインを加える。
5.ふつふつとしてきたら蓋をして5分蒸す(弱火)
6.塩、胡椒で味を調える。
7.皿に盛り、刻んだパセリを盛り付ける

POINT

蛤を温めた際の出汁を全て活用します。
切り身魚は鯛、鱸など白身魚が良く合います。
アンチョビやケッパーを入れて煮込んでも美味しく出来上がります。

 

具だくさん豆乳スープ

野菜をたっぷり摂ることが出来るスープです。

kuramutyauda2

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
蛤の出汁 (レンジした際に出る分全て)
じゃがいも 1個
人参 1/2本
玉葱 1/2個
しめじ 1/2パック
ブロッコリー 6~8房
ローリエ 1枚
調整豆乳 200ml
水 100ml
オリーブオイル 大匙1
塩、胡椒 適量
————————–

作り方

1.じゃがいも、人参は乱切りに、玉葱はくし切りに、しめじ、ブロッコリーは小房に分ける。
2.蛤を電子レンジで加熱する(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)。
3.鍋にオリーブオイルを熱し、じゃがいも、人参、玉葱を炒める。
4.玉葱がしんなりしてきたら、水、蛤、蛤の出汁、しめじ、ブロッコリー、ローリエを入れ
具材が柔らかくなるまで煮る。
5.具材に火が通ったら豆乳をいれ、ひと煮立ちさせる。
6.塩、胡椒で味を調える。

POINT

蛤を温めた際の出汁を全て活用します。
豆乳を入れた後はあまり火をかけすぎないでください

 

はまぐりのネギソース

2013/4/29

ネギ、生姜のさっぱりソースをかける簡単おつまみです。

NegiSauce

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
ねぎ 10g
生姜 5g
醤油 大さじ2
————————

砂糖 小さじ2
ごま油 小さじ2
赤唐辛子 1本
————————
作り方

1.ねぎと生姜はみじん切りにし、Aの調味料と混ぜてネギソースを作る
2.蛤を電子レンジで加熱します
(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)
3.皿に蛤を盛り付け、ネギソースをかけ、赤唐辛子の小口切りを散らす。

POINT

赤唐辛子を調味料と混ぜると辛めに仕上がります。
ソースに漬けて冷蔵庫で冷やしても美味しく頂けます。
ソースは肉や魚にも代用可能です。