アクアパッツァ

魚介類をトマトなどと一緒に白ワインと水で煮込むイタリア料理です。
切り身魚とボイル地蛤を使う事で簡単に作れるアクアパッツァです。
akuapazza2

材料(2人分)

かねちょう水産ボイル地蛤 1袋
蛤の出汁 (レンジした際に出る分全て)
切り身魚(今回は鱈を使用) 2切
プチトマト 8個
玉葱 1/2個
にんにく 1片
パセリ 適量
白ワイン 大匙2
オリーブオイル 大匙1
塩、胡椒 適量
————————–

作り方

1.切り身魚は塩を振っておく。ミニトマトは半分、玉葱はくし切り、にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、水分を拭き取った魚を皮目から焼き、裏返して両面焼く(中火)
3.蛤を電子レンジで加熱する(500Wで約3分30秒、750Wで約3分)
4.魚に焼き目がついたら、にんにくを加え、香りが出たら、ミニトマト、玉葱、蛤、蛤の出汁、白ワインを加える。
5.ふつふつとしてきたら蓋をして5分蒸す(弱火)
6.塩、胡椒で味を調える。
7.皿に盛り、刻んだパセリを盛り付ける

POINT

蛤を温めた際の出汁を全て活用します。
切り身魚は鯛、鱸など白身魚が良く合います。
アンチョビやケッパーを入れて煮込んでも美味しく出来上がります。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。